20アルファード・ヴェルファイア用は上記バナークリックで専用ページにジャンプします!


スロットルチューンの決定版! スーパーアクセルU

独自のECUチューニングにより加速が激変! 累計販売数 1万台突破!!

加速の不満や、燃費の不満は、スーパーアクセルUで解決。




お探しの車種をメーカーからお選びください。



今だけっ!!

アクシスから直接購入するとラチェット工具セットをプレゼント♪

大変お得なキャンペーンです!ぜひご注文ください(*^_^*)





アクセルペダルを交換するだけで、加速UP、レスポンスUP、操作性UP、実用燃費UPなど様々な効果を体感できます。
ヴィッツ・bBなど、トヨタのコンパクトカーはアクセルペダルをいっぱいに踏みこんでもスロットル開度が最大になりません。
しかし純正のアクセルペダルをスーパーアクセルUに交換するだけでスロットル開度が最大になり、 空気を無駄なくエンジンに供給し完全燃焼を促します。
そうする事で、エンジンが本来持っている潜在能力を100%引き出すことができ、操作性を最適化。
燃費効率UPや、追い越し、上り坂での加速を大幅に改善致します。


※電子ペダル車両の場合は独自のECUチューンによりパワーカーブの立ち上がりが良くなるようにセッティングしていますので加速・レスポンスがアップします。スロットル開度の最大値は変わりません。




スーパーアクセルIIに交換する事により、インテークマニホールドの空気流量がUPし加速が良くなります。



スーパーアクセルIIに交換する事により、インテークマニホールドの空気流量がUPしレスポンスが良くなります。



ペダルレイアウトとシートポジションの位置関係を人間工学から解析し、ドライビリティーの向上がもたらす利点に注目しました。そのため、長距離運転でも足が疲れにくく、運転が楽になります。
また、ブレーキペダルとの位置関係も見直し、ヒール&トゥーもしやすくなります。トータル的に操作性が良くなります。



スーパーアクセルIIに交換する事によりペダルを無駄に踏み込まなくて良くなります。
例えば、高速道路で合流から時速100キロまでに到達するのが早くなり無駄な燃料消費が少なくなります。また一定走行も楽になりスロットルの無駄な開閉が少なくなります。
それによって実用燃費が良くなります。省燃費運転をする方にも、とても有効なアイテムです。



ノーマルペダルでエンジンスロットルが全開にならない車種が多く見られます。
スーパーアクセルIIに交換する事により、100%全開に近い状態に導きます。
そのため、エンジンパワーを100%に近い状態まで引き出すことが出来、最高速がUPします。

※電子ペダル車両の場合は最大値は変わりません。




SCP10ヴィッツAT車で純正ペダルとスーパーアクセルUの比較をした動画をご覧いただけます。

多くのヴィッツは純正アクセルペダルでは、最大でも約5000回転までしか回りません。

ですが、スーパーアクセルUを装着することによりエンジンの設計通り6300回転までキッチリ回るようになります。

『スーパーアクセルU』はエンジン性能を100%引き出すパーツです。

 

純正オプションタコメーターを装着し検証しました。

最初は純正アクセルペダルで走行・0〜80km/hの加速時間が11秒97

途中、スーパーアクセルUに交換後・0〜80km/hの加速時間が10秒07

出足加速・中間加速・追い越し加速・ラクラク高速運転走行。

加速も良くなりますが、エコ運転をすれば燃費も大幅に向上します。

あなたの愛車の走りが激変!ヴィッツの定番アイテム『スーパーアクセルU』

おかげ様で、皆様より愛され続け販売本数10,000本突破。

ドライバーの気持ちに素直に反応し、愛車に乗るのが楽しくなります。



1999年

当社は、元々エンジンチューニングを得意とするチューニングショップでしたが、トヨタ ヴィッツがデビューした当初よりカスタマイズを手がけていました。
ヴィッツはスタイルが良くて燃費も良い車ですが、あまりにも走りが悪く、交差点での右折や高速での合流など、不満を感じていました。
その頃、全国各地の多くのヴィッツオーナー様より、走りについて私共と同じ不満や悩みがあると聞かされました。

当初は
「1000ccならこんな物なのか?」
「ダイレクト点火方式に問題があるのか?」
…など色々疑問を抱いていました。

それらの問題を解決する為にヴィッツを調べていると、ノーマルペダルは踏みしろが少なく、なんと床まで一杯に踏み込んでもスロットルが全開になっていませんでした。
そこでスーパーアクセルを考案し、エンジン性能を100%引き出すパーツを開発。全国多数のお客様の悩みを解決することが出来たと思います。

AT車はキックダウンがスムーズになり、中間からの加速や追い越しがとても楽になります。
MT車はブレーキペダルとバランス良い位置にセッティングし、ヒール&トゥーがしやすくなります。

その後、トヨタ ヴィッツの兄弟車、bBやイストやファンカーゴ等のオーナー様にも大人気商品となり、トヨタディーラー様に多く納品させていただきました。
ちょうどその頃、ヴィッツのレースではスーパーアクセルを使用するとタイムが著しく良くなる為、使用禁止になった事もありました。当社にとっては、まさに効果を証明できた瞬間でもありました。


思わぬ副効果

開発当初、燃費が良くなる効果があるとは考えてもいませんでしたが、スーパーアクセルを装着したお客様より燃費が良くなったとの多く意見を頂くようになりました。
普通に考えると、走りが良くなって燃費も良くなる?なんて考えられませんが、遠方より装着に来店したお客様は『行きより帰りのほうが走りが良くなり燃費も良くなってる』や、奥様がメインで乗る車で燃費は気にしていなかったが、奥様から『最近燃費が良くなったけど何かした?』と言われた、などとおっしゃるのです。

理由はスーパーアクセルに交換する事によりペダルを無駄に踏み込まなくて良くなるからです。
一定速度まで到達するのが早くなり無駄な燃料消費が少なくなる、一定走行する際の負担を大幅に軽減するので、スロットルの無駄な開閉が少なくなります。それによって実用燃費が良くなるのです。スーパーアクセルはECOアシストパーツにもなりうる製品となりました。


そしてスーパーアクセルIIへ

クチコミやインターネットのクラブサイトでうわさが広まり、もっと様々な車種で開発できないかと問い合わせが多くなりました。
それまでスーパーアクセルをご購入していただいた多くのオーナー様の声をフィードバックし、スーパーアクセルIIへと進化しました。
ラインナップを増やすと同時にペダルロットの強度を増す為に補強を入れ、アクセルオン時の弾性ひずみを抑える構造とし、従来品と比較してアクセル開度に対するレスポンスが飛躍的に向上しました。

ラインナップを増やす際に、ノーマルペダルでもスロットルが100%開いている車両も多く手がけましたが、スロットルの開き方がが変化して空気流量がUPする事により、加速力UP、レスポンスUP、操作性UP、実用燃費UPなど様々な効果を十分得られる様になりました。

おかげさまで1999年の発売当初より、10000人以上の方々にご愛顧頂いてきました。
現在さらにラインアップ車種を増やし、ECOアシストだけでは無く、ドライバビリティの向上やロングドライブ時の疲労の軽減などを目指した次世代商品の開発を進めています。


価格・適合